日本剣道形 昇段審査

日本剣道形7本目についての説明の仕方【筆記試験対策】

日本剣道形の解説

スポンサードリンク

「日本剣道形7本目はどうやってやるの?動画で覚えたい!」

「筆記試験で『日本剣道形7本目について説明しなさい』って問題が出たけど、どうやって書いたら良いのか知りたい」

 

今回は、このようなことを知りたい人に向けた記事になります。

この記事を読んでいただくと以下のようなことを知ることができます。

 

この記事を読むと分かること

  • 日本剣道形7本目の流れが分かる
  • 日本剣道形7本目の注意点が分かる
  • 日本剣道形7本目の説明の仕方が分かる

 

この記事を読んでいる人は、昇段審査で7本目の流れを知りたい人や、筆記試験で7本目について説明する問題が出た人だと思います。

日本剣道形7本目の流れや説明の仕方を覚えて昇段審査の合格を目指しましょう。

日本剣道形7本目の流れ

日本剣道形の流れは、まず以下の動画をご覧ください。

 

こちらの動画は、日本剣道形7本目について解説されている動画で、「悪い例」も紹介されていてとても分かりやすくなっています。

日本剣道形7本目のやり方を覚えたい人は、この動画を参考にして覚えてください。

 

日本剣道形7本目の注意点

日本剣道形の注意点は、「打太刀」と「仕太刀」に分けて紹介します。

 

【 1 】打太刀の注意点

打太刀の注意点は2つあります。

 

打太刀の注意点

  • 仕太刀を突くときに刃を左に向けてしのぎを使って突く
  • 正面を打った後はすぐに仕太刀に視線を向ける

 

打太刀は、相中段から互いに3歩前に出た後に機を見て諸手もろて(両手)で仕太刀を突きます。

このとき、刃をやや仕太刀の左に向けてしのぎを使って仕太刀の胸部を突くようにしましょう。

 

その後、互いに相中段に戻り、機を見て正面を打ちます。

打太刀が正面を打つと同時に仕太刀が胴を打ち抜けていきます。

 

打太刀は、胴を抜かれた瞬間は仕太刀から目線がそれますが、すぐに顔だけを左後方へ向けて仕太刀を見るようにしましょう。

 

以上2点が、日本剣道形7本目の打太刀の注意点です。

 

【 2 】仕太刀の注意点

仕太刀にも2つの注意点があります。

 

仕太刀の注意点

  • 打太刀の突きに対して、刃を斜め左に向けて物打ちのしのぎを使って支える
  • 打太刀の面に対して胴を打って抜けるが、打太刀から目線を離さない

 

仕太刀は、打太刀が突いてきたときに刃を斜め左に向けて物打ちのしのぎを使って支えるようにしましょう。

 

また、打太刀が正面を打ってきたことに対して胴を抜きますが、このとき打太刀から目線を外さずに抜けていくようにしましょう。

 

以上2点が、日本剣道形7本目の仕太刀の注意点です。

 

日本剣道形7本目の説明方法

昇段審査の筆記試験で「日本剣道形7本目について説明しなさい」という問題が出た場合は、「流れ」と「注意点」を説明すると合格することができます。

 

以下に、流れと注意点を含めた記述例を紹介しますので参考にしてください。

 

この記事で紹介している内容を丸写ししたことがバレると不合格になるので注意してくださいね。

注意

インターネットや書籍から丸写しすると筆記試験で不合格になるので気をつけましょう

 

日本剣道形7本目の説明の記述例

互いに中段に構え、3歩前に進みます。

打太刀は、機を見て仕太刀の胸部を諸手もろてで突きます。

このとき、刃をやや左に向けしのぎを使って突くようにします。

仕太刀は、左足から1歩引きながら諸手を伸ばし、剣先を使って仕太刀の突きを支えます。このとき、刃を斜め左に向けて物打ちのしのぎを使って支えるようにします。

互いに中段に構え、打太刀は左足を踏み出しながら大きく振りかぶり、右足を出すと同時に諸手もろてで仕太刀の正面を打ちます。

仕太刀は右足を右に出し、左足が右足を追い越すように踏み出しながら諸手で打太刀の右胴を打ちます。

打太刀の胴を打って抜けたら、右ひざを床につけて蹲踞そんきょをし、脇構えで残心を示します。

このとき、互いに相手から目線をそらさないようにします。

打太刀は、大きく振りかぶりながら左足を下げ、左回りで反転して中段に構えます。

仕太刀は、打太刀が中段に構えるのに合わせて大きく振りかぶり、蹲踞そんきょのまま中段に構えます。

打太刀は左足から大きく1歩下がり、仕太刀を立ち上がらせます。

仕太刀は、打太刀の動きに合わせて中段のまま立ち上がります。

互いに中段に構えたまま、呼吸を合わせて左回りで元の位置に戻ります。

元の位置に戻ったら、互いに蹲踞そんきょをして木刀を納めて立ち上がり、左足から小さく5歩下がります。

9歩の間合いのところで互いに体の中心で木刀を左手から右手に持ち替え、気をつけのまま互いに礼をして日本剣道形7本目は終了です。

 

以上が日本剣道形7本目の記述例になります。

流れと注意点が書かれていれば問題ありませんので、あなただけの答えを書いてみてくださいね。

まとめ

今回は、日本剣道形7本目の「流れ」や「注意点」、「筆記試験の記述例」を紹介してきました。

 

この記事を読んでいただいている人は、昇段審査で日本剣道形7本目の流れを知る必要があったり、筆記試験で説明しないといけなかったりする人だと思います。

 

この記事で紹介している記述例を丸写ししてしまうと、不合格になるので我慢してくださいね。

これからも剣道を続けていこうと思っている人は、筆記試験用に手元に1冊本を置いておくことをオススメします。

created by Rinker
¥2,750 (2022/11/27 19:31:17時点 楽天市場調べ-詳細)

 

それでは、昇段審査の合格を目指して頑張ってください。

スポンサードリンク

-日本剣道形, 昇段審査
-, , , , ,

© 2022 剣道の防具.com Powered by AFFINGER5