剣道

剣道に黒帯はある?段位を見た目で判断することはできるのか?

スポンサードリンク

剣道も柔道も、日本を代表する武道です。

柔道には帯があり、取得した段位によって帯の色が変わります。

つまり、見た目である程度の段位を判断することができるのです。

一方の剣道には帯がありません。

  • 剣道にも黒帯はあるの?
  • 剣道は段位を見た目で判断することはできるの?

と思う人もいることでしょう。

そこで今回は「剣道に黒帯はある?段位を見た目で判断することはできるのか?」と題して、剣道の段位は柔道の帯のように見た目で判断することができるのかどうかを紹介します。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

剣道に黒帯はない!段位を見た目で判断することはできない

剣道には、柔道の帯のようなものは存在しません。

かつては、防具についている紐の色で「有段者かどうか」を見分けることができたようです。

たとえば、有段者は防具に紺色の紐を使用し、それ以外の者は白い紐を使用していました。

しかし現在は、有段者の防具の紐は紺、それ以外は白というような扱いはありません。

つまり、現在の剣道では柔道のように段位を見た目で判断することはできないということです。

 

柔道の帯はどのように色分けされているのか

柔道の場合、成年の部に出場する14歳以上になると次のように帯の色が決まっているようです。

  • 四級以下・・・白帯
  • 一級から三級・・・茶帯
  • 初段から五段・・・黒帯
  • 六段から八段・・・紅白帯
  • 九段から十段・・・紅帯

このように、柔道の場合は帯の色でおおよその段位を判断することができます。

 

まとめ

今回は「剣道に黒帯はある?段位を見た目で判断することはできるのか?」と題して、剣道の段位は柔道の帯のように見た目で判断することができるのかどうかを紹介しました。

剣道も過去には防具の紐の色により「有段者かどうか」を見分けられる風習はありました。

しかし現代の剣道には柔道の帯のように見た目で段位を判断できるものはありません。

よって剣道の黒帯というものも存在しません。

スポンサードリンク

-剣道
-, ,

© 2022 剣道の防具.com Powered by AFFINGER5